面接の時に心掛けること

面接の練習は自分を撮影してみよう

面接の時に心掛けること 新卒の学生などは就職活動がスタートすると、多くの企業に足を運び面接を受けることになります。最近では採用試験も難しくなり、なかなか内定をもらえずに苦労する学生も少なくありません。では面接を受けて合格し内定をもらうためにはどうしたらよいかですが、やはり何度も繰り返し面接の練習をすることがおすすめです。社会人としてのマナー動作は頭でわかっていても、いざ動こうしても戸惑うことが多くあります。自然にふるまえるようにするために実際に面接を想定した模擬練習をするとよいです。練習する際のもう一つのポイントとして、自分自身を撮影してみるとよいです。

最近の携帯には簡単に録画できる機能があるので、それらを活用すると簡単です。改めて面接を受ける自分自身を第三者としてみてみると、様々な事に気がつくことができます。自身の姿勢や身だしなみに面接の受け答え時の目線や話し方、質問に対するうなずきといった細かな動作に声のハリやしゃべり方などです。意外に自分ではできていると思っていても、できていないということが多いにあります。この自分自身ではしているつもりという部分が、実際にはそうでないことが多く改めて自分の姿を見てみることで気がつくことができます。

Copyright (C)2019面接の時に心掛けること.All rights reserved.