面接の時に心掛けること

就活における面接の重要性

面接の時に心掛けること 就活においては、エントリーシートから始まり、最終面接によって決定されます。どんなに優秀な人であったとしても、その企業を第一志望としていなかったりすると、途中で企業の方針とあわなくなって退職することにもつながります。この事態は、企業の長期的な人事計画に大きな影響を及ぼしますので、企業の目標に共感してくれているか、企業が求める人材像に合致しているかをポイントに面接が行われますので、これに重点を置いて面接対策をする必要があります。例えば、企業に入社した後に、自分がどのような分野で貢献できるかを具体的な将来設計に基づいて回答することができれば面接官に好印象を与えます。もちろん、面接官からすれば、何もわかっていない学生が言うことを真に受けはしませんが、自分なりの将来計画とそれに必要なスキルとその修得が描いていれば、計画能力があると評価してもらえる可能性があります。

また、自分を採用してくれたら企業にどのような貢献ができるかを論理的に主張する必要があります。もちろん自分の思っていることが企業に入社後にどう変わるかわかりませんが、企業の長所や短所を指摘しながら、自分の特長を活かして活躍したいと話すことができれば、ぜひ入社したいという言葉にリアリティが加わります。一緒に仕事をしたいと思わせることが重要です。

Copyright (C)2019面接の時に心掛けること.All rights reserved.